HOME>レポート>シロアリが棲みついていることがチェックできる方法がある

シロアリが棲みついていることがチェックできる方法がある

シロアリ

シロアリがいるかどうかはここをチェック

シロアリの被害は木造住宅であれば致命的であり、早急に対処をすることが必要です。しかし、どの家も被害に合っているというわけではないため、自分でチェックをしてみることも大切です。簡単な方法としては、床を歩いてギシギシと音がするのであれば可能性があります。それに加えて、外壁にひびが入っている場合も疑いがあります。シロアリは基礎や柱を食べていくため強度を弱くしていきます。そのため、外壁にひびが入っていっているというのは、柱が歪み始めているという可能性があります。できれば床下を見て周辺に木くずが落ちていないかもチェックしてみると判断できます。そして、自宅周辺の環境によっても可能性があります。近くに池などがあると湿気が高くなりシロアリにとって良い環境になっています。それに加えて、羽アリを自宅周辺で見かけたらこれも被害にあっている可能性があります。

シロアリ

プロの診断と対策を受けよう

床のきしみなどがある場合には、専門業者に依頼をして調査をしてもらうことが大切です。最近は、見積もり無料のところもあり、気軽に依頼をすることができます。そして、一見シロアリがいないようでもプロが調査をすることで発覚することもあります。特に、水回りや床下などは発生している可能性が高く、しっかりと見てもらうことが必要です。ちなみに、被害は外見だけでは判断ができないため、プロの業者に依頼して目視や湿気や打診も行って総合的に判断してもらうことが重要です。そして、シロアリの被害にあっているときには、駆除剤を使って駆除するのですが必要に応じて木材に穴をあけて薬液を注入することもあります。これによって、被害の進行を確実に抑えることができます。その後大切なのが対策をすることです。駆除剤によって一時的にいなくなりますが、環境が変わったわけではないため他のところに被害が発生する場合があります。そのため、湿気が多いところは換気扇を付けるなどして対策をすることになります。そして、アドバイスもしてもらい、不要な木材を片付けるなど周辺環境も改善することが大切です。

広告募集中