HOME>トピックス>巣をつくってしまう前に鳩は早めに対策をすることが大事

巣をつくってしまう前に鳩は早めに対策をすることが大事

ハト

ベランダに住み着いてしまう鳩

鳩は警戒心の強い動物で、棲家を決めるまでにはいくつものステップを踏みます。最初は休憩し、安全を確認したら待機場所として使い、居心地が良ければねぐらにし、最後は巣を作ってしまいます。一度住み着くと、追い出すことは難しいため、休憩所として使用された時点で対策を施し、寄せ付けないようにすることが大切になります。

鳩対策は自分で対応する?業者に依頼する?

早い段階なら自力も可能

鳩の姿を見かけるようになった時点ならば、忌避剤などを使って追い払いましょう。しかし、すでに住み着いているようなら自力では難しいので、業者に任せた方が安心です。

ねぐらにされたら業者へ

昼夜を問わず鳩がいつくようになったら、自力での対応は難しいので業者に依頼するのがおすすめです。業者は、鳩の嫌いなことを知っているので追い出すことができます。

業者に依頼した方が安心かつ確実!

業者は鳩の習性を熟知しており、被害状況に合わせた鳩対策を施してくれます。保証制度もあり、万が一戻ってきた時も対応してくれるので安心です。

疑問を解決!鳩対策業者のよくあるQ&A

ハト

鳩は人間に被害を及ぼすか?

はい、被害を及ぼします。鳩の糞や羽などによってアレルギーを引き起こしたり、喘息の原因となることがあります。

忌避剤は人体に影響がないか?

忌避剤は人体はもちろん鳩にも安全な成分で作られているので、安心して使えます。もちろん、業者が使っているものも同様に安全に配慮されているのです。

鳩から鳥インフルエンザに感染しないか?

濃密に接触しないと感染しませんが、糞や尿を掃除する時は、直接触らないように手袋をはめて行いましょう。

ホームセンターの鳩対策グッズは効果があるか?

被害状況にもよりますが、忌避剤やネット、テグスなどは効果があります。

業者に頼むとどれぐらいの費用が掛かるか?

対策方法によっても変わりますが、3万円から5万円が相場です。

問題が発生したら早めに相談をしよう

鳩の姿を見かけるようになった、鳴き声を頻繁に効くようになったなど、異変を感じたら早めに相談しましょう。

鳩対策業者を利用する流れ

鳩

電話やメールで相談する

相談すると折り返し連絡が入り、現地調査の日取りを調整してくれます。

現地調査の実施

相談した上で日取りを決めたら、被害状況を調べるために現地調査が行われます。調査の結果、見積もりを出してくれますから、よく見ておきましょう。

契約と実施日の調整

調査の結果出された見積もりに納得したら契約し、駆除を行なう実施日を決めます。双方が実施日に納得したら、駆除へと進みます。

鳩の駆除の実施

決めた日になると、被害状況に合わせた方法で駆除を行います。鳩を追い出す対策が行われるので、よく見ておきましょう。

完了とアフターケア

できる対策をして完了です。しかし、万が一鳩が戻って来ても困らないよう保証が受けられます。保証期間内なら、無料で駆除を行ってくれますからそのあたりについても話を聞いておきましょう。

広告募集中